1. HOME
  2. プレス加工難問解決事例
  3. 板厚0.3mmに対し0.18mm幅のスリットを抜く技術

WORKS

プレス加工難問解決事例

板厚0.3mmに対し0.18mm幅のスリットを抜く技術

【せん断加工】
使用材質: リードフレーム用銅条(CDA15100相当)
板厚: 0.30

【説明】
薄板に対し、板厚以下のスリットを抜き落とす技術

この製品は板厚0.3mmのリードフレーム用銅条(CDA15100相当)に板厚の60%にあたる0.18mmのスリットをせん断加工しています。(図の最も細い抜き部)

材料硬度は140Hv程度です。

通常、0.18mmもの細さのパンチは強度が確保できず、量産性を考慮するとスリット幅を広げざるを得ません。

弊社では、金型の精度を高めるとともに該当部の構造を見直し、板厚よりも細く微細なスリットや穴のせん断加工を可能としています。

生産技術グループ 若井進

プレス加工難問解決事例