YAMAZAKIだから出来ること

CAE解析を活用

CAE解析を活用

プレス金型開発にCAE解析を用いることで、
以下のようなメリットがあります。

CAE解析
1 実際に金型を造る前に製品開発自体に無理がないかを確認できます。特に板鍛造加工や絞り加工など、金型やワークへの負荷の大きいプレス加工において量産後のリスクを大きく低減できます。
2 金型のトライ、調整作業に手間がかからなくなる為、コスト削減、納期短縮につながります。
3 プレス金型内で発生している確認できない現象を定量的に理解できるようになります。これにより、品質問題が発生した際にも適切な処置方法に最短でたどり着くことができます。

弊社では、CAE解析で得られた形状と現実の製品形状を比較、
解析パラメータを微調整することで、解析精度を高め続けています。