他社に断られた図面、私たちにお見せ下さい。プレス一筋50年。私達の使命は、技術開発を通じてプレス加工の可能性を広げる事です。お客様の一つひとつの課題に対し、今日も「出来る方法」を探しています。
機械加工から順送プレス加工へ 軸カシメ工程を撤廃 微細部品のプレス加工化
  • 山崎工業株式会社の強み
  • プレス加工問題解決事例
  • 加工法見直しのご提案

山崎工業(株)はどんな会社?

新潟県柏崎市でプレス金型の設計開発から、量産加工までを一貫して行っています。

弊社の特徴は

  • 品質要求の厳しい自動車部品加工を主としながら、携帯電話やゲーム機、
    各種メディア部品、医療機器品、建材など、業種業界を問わず生産しています。
  • 製品サイズは手のひらくらいまでの大きさが可能で、
    微細、小径、精密、特殊、複雑、多工程な製品が得意です。
  • プレス加工技術の研究開発を最も大切な日常業務と考えています。
    冷間鍛造、精密円筒曲げ、メッシュ加工など、独自開発した技術が数多くあります。
  • 金型の販売や既存の金型を持ち込んでの量産加工も、条件が合えば対応いたします。
  • 材料調達や表面処理、熱処理などは、よほど特殊でない限り対応可能です。
  • 試作品1個から月産数百万個まで、全国対応、輸出対応いたします。

当たり前の事をどこよりもしっかりこなし、研究開発でこれまで出来なかった事を出来る様にする。

山崎工業(株)はそんな会社です。

プレス加工問題解決事例

私どもが得意とする順送プレス加工で解決した問題事例集を掲載しておりますのでご覧くださいませ。

進化版ピンチトリム工法で絞り加工のフランジを限りなくゼロに。

問題解決タイトル:進化版ピンチトリム工法で絞り加工のフランジを限りなくゼロに。
問題解決カテゴリ名:絞り加工
ピンチトリム工法でも残ってしまう微細なフランジ部の段差を限りなくゼロに近づける技術
M12までの金型内タップ加工

問題解決タイトル:M12までの金型内タップ加工
問題解決カテゴリ名:金型の構造について
プレス金型内タップ加工(インラインタップ加工)
リードフレームの加工に冷間鍛造技術を応用

問題解決タイトル:リードフレームの加工に冷間鍛造技術を応用
問題解決カテゴリ名:冷間鍛造加工(圧縮加工)
板厚0.25に対して横幅0.5×0.2、総高さ0.5までのダボ出し成形。 ダボ周りの板厚を潰して肉をダボへ集めており、ダボ裏面は平らです。
エアーを使ったカス上がり対策

問題解決タイトル:エアーを使ったカス上がり対策
問題解決カテゴリ名:金型の構造について
問題対策手法の標準化で金型開発期間をより早く!
板厚0.3mmに対し0.18mm幅のスリットを抜く技術

問題解決タイトル:板厚0.3mmに対し0.18mm幅のスリットを抜く技術
問題解決カテゴリ名:せん断加工
薄板に対し、板厚以下のスリットを抜き落とす技術
冷間鍛造加工による角柱の成型とダレRの最小化

問題解決タイトル:冷間鍛造加工による角柱の成型とダレRの最小化
問題解決カテゴリ名:冷間鍛造加工(圧縮加工)
パーマロイを用い、ダレを最小に抑えた冷間鍛造加工。
冷間鍛造加工によるダボ出し(ピン出し)加工

問題解決タイトル:冷間鍛造加工によるダボ出し(ピン出し)加工
問題解決カテゴリ名:冷間鍛造加工(圧縮加工)
冷間鍛造技術を用いたダボ出し技術
高精度円筒曲げ加工(パイプ加工)と開き止め

問題解決タイトル:高精度円筒曲げ加工(パイプ加工)と開き止め
問題解決カテゴリ名:曲げ加工
順送プレス金型でパイプ形状の加工が可能です。さらに側面への加工を可能しています。
絞り製品の底を拡張する加工

問題解決タイトル:絞り製品の底を拡張する加工
問題解決カテゴリ名:絞り加工
絞り加工の先端部分を拡張する技術。
薄板材を使ったせん断加工

問題解決タイトル:薄板材を使ったせん断加工
問題解決カテゴリ名:せん断加工
高精度金型を使い、0.03mm厚の薄板をせん断加工。
  • 日々挑戦ブログ!

山崎工業の強み

弊社では精密順送プレスの金型の設計、製作から精密プレス部品の量産までを 一貫体制で行っております。
一貫体制だからできる自社の「強み」

設備情報

お客様のニーズに合う製品の為、様々な設備をそろえております。

  • 業務範囲(YAMAZAKIの出来ること)
  • 製品実現の手順について
  • 受注製作実績